【劇団四季】ディズニーミュージカル「ライオンキング」、北海道公演のシンバ役『厂原時也』さんを紹介



以前紹介したディズニーミュージカル「ライオンキング」ですが、今回は「ライオンキング」のシンバ役『厂原時也』さんを紹介したいと思います。

インスタグラム @gekidashiki offiialより引用

 

『厂原時也』さんは、北海道奥尻町出身で、1985年1月31日生まれの32歳。北海道公演にぴったりの方です。(^^)v

もともとは保育士を目指していましたが、高校生の時に「ライオンキング」を見て、劇団四季を目指すようになったそうです。

高校卒業後、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科ミュージカルコースに入学し、大学3年生の時に劇団四季のオーディションに見事合格。

高校生から劇団四季を目指して、数年でオーディションに合格してしまうなんて、すごいですね!

 

2011年の北海道四季劇場の「ライオンキング」のシンバ役、バンザイ役にキャスティングされましたが、出演はなく、2016年2月23日の東京公演でシンバ役デビューされたそうです。

自分の進路を決めてしまうほど影響を受けたミュージカルの主役になってしまうのですから、相当努力されたと思います。

どんな歌声をしているのか気になったので、動画を検索したら、2017年1月に北海道札幌市のイオンモール札幌発寒店でのイベント動画がありましたので紹介します。

なんて素晴らしい歌声!!!

隣にいるのは、『辻 茜』さんという方で、ナラ役で出演しているようです。この方も素晴らしい歌声です(^_^)/

東京ディズニーリゾートもいいですけど、劇団四季もいいかも!っということで、

チケットゲーーーーーット(^o^) とても楽しみです(^^)v

近々、レポートします。

ディズニーミュージカル「ライオンキング」が気になった方、チケットを取りたい方は、劇団四季のホームページまでお願いします。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。